入野賞

若い作曲家のための国際作曲コンクール

東京シンフォニエッタ第42回定期演奏会
日時:2017年12月7日(木) 19時
場所:東京文化会館 小ホール

第37回入野賞受賞者 黒田崇宏さんの受賞作品の世界初演。開演直前に入野賞について又受賞者の紹介があります。


第38回入野賞 室内楽作品部門、2017
受賞作品と受賞者(2名、賞金 各10万円)

弦楽四重奏のための『輪… 年輪』(15 min.)
作曲者 : ホイ・タクチャン(1983年、香港出身、アメリカ在住)

ホイ・タクチャン 略歴
ホイは、これまでAtlas Ensemble作曲賞 2014、Sound Icon BU/SI 作曲賞2015を初めとする数多くの賞を受賞し、最近では、ハダスフィールド現代音楽フェスティバルにおいて10/10アンサンブルと、また、ガウデアムス音楽週間ではLooptail アンサンブルとのコラボレーションを行った。2011年にアスコ・シェーンベルクによるリゲティ・アカデミーの研修作曲家になる。香港芸術アカデミーで正式に作曲を学ぶ前は、ギターを独学で勉強し、ロックバンドで演奏活動をしていた。アムステルダム音楽院でRichard Ayres氏、Willem Jeths氏とWim Hendrickx氏に作曲の指導を受け、作曲の修士号を取得する。また、Heng Seng 銀行とルイス音楽財団の奨学金を受ける。2015年からボストン大学の奨学金を受け、Alex Mincek氏とJoshua Fineber氏の指導の下、博士課程に在籍。 2017年よりIRCAMのCursusプログラムにおいて、さらなる研究を進める予定。
彼の作品はソロからオーケストラ,マルチメディア、西洋音楽から中国の伝統音楽まで幅広い。また、Huddersfield Contemporary Record社とHove Record社から作品が出版されている。

 

8人の演奏家(フルート、クラリネット、バスーン、打楽器、オルガン、バイオリン、ビオラ、チェロ)とオーディオトラック のための
『アートメン・ヴェルク』(17 min.)
作曲者 : ヒルヴェラ・ヨウニ(1982年、フィンランド出身)

ヒルヴェラ・ヨウニ 略歴
 ヒルヴェラは、シベリウス音楽院で修士号を取得し、Veli-Matti Puumala氏と Tapio Nevanlinna氏の指導を受けた。また、ドイツのベルリンの芸術大学においては、Elena Mendora氏の指導を受けた。さらに、Kaija Saariaho氏、Marco Stroppa氏、Chaya Czernowin氏やHans Thomalla氏らのマスター・クラスやワークショップに参加。彼はこれまでフィンランド,ドイツ、トゥルク、韓国の音楽祭から委嘱を受けている。2015年にはヘルシンキ文化センタ−のヒルヴェラ・ヨウニ作品個展演奏会が開かれた。また、これまで国内外の著名な室内楽やオーケストラ(日本のアンサンブル金沢も含まれる)により、彼の作品が演奏されている。2010年には、Rautavaara Chamber Choir Competition 、2015年にFeeding Music Competition作曲賞のファイナリストに選出された。

 

 

====================

選考日時:2017年9月24日(木)午後6時30分  於JML
応募曲数:118曲
応募者の国数:37ヶ国
審査員:(湯浅譲二 欠席)、松平頼暁、田中聰、莱孝之、たかの舞俐、三輪眞弘(今年度委員長)、鈴木治行
賞金:20 万円(10万円ずつ)と賞状

====================

第38回入野賞選考のご報告

                      2017年10月吉日

拝啓

今年の第38回選考委員会は9月24日(日)に終了致しました。
残暑の中、数回の予備選考を終え、9月の本選会の結果は1名に絞ることが出来ず、以上の様に2名の受賞者に決まりました。ここに慎んでご報告申し上げます。
作曲家入野義朗の没1年後の1981年に設立された国際作曲賞「入野賞」は多くの方々に支えられて今年38回を迎えることが出来ましたことを感謝申し上げます。
この賞は隔年で室内オーケストラ作品と室内楽作品で行なわれます。今年6月23日には受賞作品6曲のコンサートを通して多くの方々に入野賞受賞作品を聴いて頂きました。アンサンブルノマドの良い演奏により来日作曲家達にも非常に喜んで頂きました。ご来場頂いた方々には誠に有難く感謝申し上げます。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
貴社の益々のご発展を心からお祈り申し上げます。

 敬具
入野賞基金代表:入野禮子


10月 8th, 2016

No Comments, 未分類, by reikojml.

▼お問い合わせ
入野賞基金運営委員会:代表 入野禮子(Reiko Takahashi Irino)
入野賞運営委員:松平頼暁 松原千代繁  湯浅譲二(ABC順)
お問合せ先:
入野賞基金 (IRINO PRIZE FOUNDATION)
c/o NPO法人JML音楽研究所(所長/理事長入野禮子(高橋冽子)

〒156-0043 世田谷区松原5ー22ー2
Tel:03-3323-0646
Fax:03-3325-5468
e-mail:info@jml-irino.jp
Webサイト:www.irinoprize.jp

▼2018年の入野賞
第39回室内オーケストラ曲(2018)、40歳迄, 賞金50万円と賞状

締切り2018年6月23日消印有効

選考委員:湯浅譲二, 松平頼暁, 田中聰, 莱孝之, たかの舞俐, 三輪眞弘、鈴木治行、成本理香
2018年選考委員長:鈴木治行

▼応募要項
第39回 室内オーケストラ曲部門
第40回室内楽曲部門