入野賞

若い作曲家のための国際作曲コンクール

第39回入野賞 室内楽作品部門、2018
受賞作品と受賞者 (賞金 50万円)

XLIII MEMORIAM VIVERE
(『XLIII 生きている記憶』)(11分30秒)

作曲者 : マリソル ヒメネス
(1978年、メキシコ出身、ドイツ在住)

 

マリソル・ヒメネス 略歴

Marisol Jiménezは、メキシコのグアダラハラ出身、現在ベルリン在住の作曲家で、「深く、原始的な音楽対話を形作る作家」と表現されている。彼女の作品は、原始的な要素とテクノロジーの要素がぶつかりながら、音作りにおいて触覚的プロセスを持つ強い魅力と、音楽的構造におけるエントロピー的相互作用を表わす。それらは、力強く感覚に訴え、そして、湧き上がるようなエネルギーを追求している。彼女の作品には、数多くの室内楽作品や電子作品、サウンドおよび多様な素材からなるインスタレーション作品などがあり、多くのアコースティック、エレクトロニック、ミクスト・メディアの作品は、自身で制作したサウンド彫刻やファウンド・オブジェクト、そして自分のフィールド・レコーディングや即興演奏、およびパフォーマンスによって収集された音素材によるものである。2005年にアメリカカリフォルニア州オークランドのミルズ・カレッジで芸術修士号を取得、2011年スタンフォード大学で作曲博士号を取得。Jimenézは、国立芸術文化財団(FONCA)のメキシコ国立芸術クリエイターのメンバーであり、作品は、ヨーロッパ、米国、メキシコで新しい音楽をリードするアンサンブルや演奏者によって委嘱、演奏されている。

====================

選考日時:2018年10月1日(月)午後6時45分  於JML
応募曲数:34曲
応募者の国数:15ヶ国
審査員:湯浅譲二、松平頼暁、田中聰、莱孝之、たかの舞俐、三輪眞弘、鈴木治行(今年度委員長)、成本理香
賞金:50万円と賞状

====================


東京シンフォニエッタ第46回定期演奏会
指揮/芸術監督:板倉康明
日時:2019年12月 19時
場所:東京文化会館 小ホール

第39回入野賞受賞者、マリソル・ヒメネスさんの受賞作品の日本初演。開演直前に入野賞について、また、受賞者の紹介があります。


10月 8th, 2016

入野賞詳細

No Comments, 未分類, by reikojml.

▼お問い合わせ
入野賞基金運営委員会:代表 入野禮子(Reiko Takahashi Irino)
入野賞運営委員:松平頼暁 松原千代繁  湯浅譲二(ABC順)
お問合せ先:
入野賞基金 (IRINO PRIZE FOUNDATION)
c/o NPO法人JML音楽研究所(所長/理事長入野禮子(高橋冽子)

〒156-0043 世田谷区松原5ー22ー2
Tel:03-3323-0646
Fax:03-3325-5468
e-mail:info@jml-irino.jp
Webサイト:www.irinoprize.jp

▼2018年の入野賞
第39回室内オーケストラ曲(2018)、40歳迄, 賞金50万円と賞状

締切り2018年6月23日消印有効

選考委員:湯浅譲二, 松平頼暁, 田中聰, 莱孝之, たかの舞俐, 三輪眞弘、鈴木治行、成本理香
2018年選考委員長:鈴木治行

▼応募要項
第39回 室内オーケストラ曲部門
第40回室内楽曲部門