入野賞

若い作曲家のための国際作曲コンクール

1月 21st, 2022

第43回入野賞室内楽部門 2021 選考結果

第43回入野賞室内楽部門 2021 選考結果 はコメントを受け付けていません, info, by reikojml.

2021年、第43回入野賞:室内楽部門の選考結果をご報告させていただきます。 入野賞選考委員会は、2021年10月10日にNPO法人JML音楽研究所で開催され、5カ国15曲の応募作品の中から、第43回入野賞受賞作品を決定いたしました。選考委員は、田中聰 (審査委員長)、莱孝之、たかの舞俐、三輪眞弘、鈴木治行、成本理香でした。 受賞者2名には入野賞表彰状、および賞20万円(2名でシェア)が授与されました。


第43回入野賞 室内楽部門 2021
受賞作品と受賞者 (賞金20万円 を2名でシェア)

「Durant l’eternite de Timee」 約9分
8楽器のための (for fl, cl, trp, trb, perc, vl, vc, harp and perc)

作曲者 : デミアン・ルーデル レイ
(Demian Rudel Rey、1987年、アルゼンチン生)

Voyage」 約8分
for cl, vc and accordion

作曲者 : ツオシェン・ジン
(Zhuosheng Jin、1991年、中国生)

デミアン・ルーデル レイ略歴
アルゼンチン、ブエノスアイレス出身。現在、フランスのリヨン在住。ギターを学習したのち、アルゼンチン国立芸術大学で作曲を学び修士号を取得。フィリップ・ユレル、マルティン・マタロン、フランク・ベドロシアン、ヤン・ロビン、ホセ・マヌエル・ロペス・ロペス等の作曲家各氏から特に作曲思想の面で指導、影響を受ける。器楽作品、電子音楽作品、さらに映像音楽を作曲している。 ナディア/リリ・ブーランジェセ国際センター、サラベール財団、SACEM、アルゼンチン・モーツァルテウム、FNArtes、BECARから助成を受け、Ivan Juritz賞(英)、サラベール財団賞(仏)、Sond’Ar-te賞(葡)等を受賞。 彼の作品はエミリー・カー弦楽四重奏団、バルセロナ・モダン、Atelier XX-21、TOROPIアンサンブル等、多くのアンサンブルによって演奏されている。

ツオシェン・ジン略歴
ツオシェン・ジンの作品では文学、特に詩と音の質感が強調されており、「パワフル」で「忘れられない」音楽とニューヨーク・タイムズ紙で評価された。 彼は7歳でピアノの、13歳で作曲の勉強を始め、ボストン大学で修士号を取得した後、現在、マギル大学の博士課程に在籍中。ヘルムート・ラッヘンマン、ベアート・フラー、ピエル・ルイジ・ビローネ、マルコ・ストロッパ、ステファーノ・ジェルバソーニ等に指導をうけたり、彼らのマスター・コースを受講した。 2019年には武満徹作曲賞第3位、2020年にはマタンギボル作曲家コンクール(イスラエル)とサルヴァトーレ・マルティラーノ賞(米国)において第1位を受賞。 ジンの作品は、東京フィルハーモニー交響楽団、アンサンブル・アンテルコンテンポラン、クラングフォラム・ウィーン等によって、20を越える国々で演奏されている。楽譜はBabelScores(仏)から出版されている。



2021年11月12日(金) 、府中の森芸術劇場ウィーンホールにおいて、第38回(2017)と第40回(2019)入野賞室内楽部門受賞作品が日本初演されました。


9月 6th, 2021

第44回・第45回入野賞応募要項公開

第44回・第45回入野賞応募要項公開 はコメントを受け付けていません, info, by reikojml.

第44回入野賞室内オーケストラ部門 (2022) 応募要項

第45回入野賞室内楽部門 (2022) 応募要項


12月 1st, 2020

入野賞について

入野賞について はコメントを受け付けていません, 未分類, by reikojml.

入野賞は1980年、日本を代表する作曲家の一人であられた故入野義朗氏の功績をたたえ、設立されました。1980年6月23日に入野氏が亡くなられた後、日本の現代音楽界を代表する3人の作曲家、故石井眞木、湯浅譲二、松平頼暁各氏の協力を得て、入野禮子氏によって設立された入野賞基金によって運営されています。
入野賞は、新しい方向性を模索し、革新的で新規な創造性を発揮する若い作曲家に授与されます。 本賞は二つの部門から構成されており、室内楽部門(8人以下の編成。電子メディア可)は毎年開催される一方、偶数年には室内オーケストラ作品部門(9から17楽器)が開催されます。

入野賞賞金:
室内オーケストラ作品部門:30万円
室内楽部門:20万円
審査委員:
松平頼暁(名誉審査委員)、田中聰、萊孝之、たかの舞俐、三輪眞弘、鈴木治行、成本理香 

入野賞運営委員会:
松平頼曉、松原千代繁、大石泰、柿沼敏江、長木誠司、田中聰、莱孝之

▼お問い合わせ
入野賞基金運営委員会:代表 入野禮子(Reiko Takahashi Irino)
お問合せ先:
入野賞基金 (IRINO PRIZE FOUNDATION)
c/o NPO法人JML音楽研究所(所長/理事長入野禮子(高橋冽子) 〒156-0043 世田谷区松原5ー22ー2
Tel:03-3323-0646 Fax:03-3325-5468
EMAIL:info@jml-irino.jp URL:http://www.irinoprize.jp

▼2022年の入野賞
第44回入野賞室内オーケストラ部門
第45回入野賞室内楽部門
応募締切り: 2022年 6月23日消印有効
▼応募要項:応募要項メニュー参照

備考:
入野賞室内オーケストラ曲部門は編成が9楽器から17楽器に変更になり、賞金は30万円となりました。また、入野賞室内楽部門は2020年より毎年開催されます。2022年には、第44回入野賞室内オーケストラ曲部門(40歳迄、賞金30万円)と第45回入野賞室内楽部門が同時開催されます。